折笠まさはる公式サイト

折笠まさはる(相模原市南区)公式サイト > 活動ブログ > 私の想い > 子育てしやすい相模原に!

活動ブログ

子育てしやすい相模原に!

子育てに優しいまちにしたい

そう思ってから、妻や地域の方とも子育てについて話をする機会が増えてきました。

最近聞くことは、共働き家族の多さです。私の家でも妻は、自身で仕事をしています。

これはごくごく当たり前のことなのですが、やはり行政や社会の仕組みがまだ追いついていない気がします。

保育園の不足問題や地域の治安問題、子どもの貧困問題など子育てに関することだけども課題はたくさんあります。

こういった課題を行政任せではなく、自ら活動することで、少しずつ解決できないのではないかと思います。

後述しますが、その一つとして2016年から地元で「無料塾ひばり学校」という活動にも参画させていただきました。

もっと地域のお父さん、お母さんから子育てについての悩みや地域の課題を聞いていきたいです。

ワーキングママを応援します

先述しましたように私の妻も自身で仕事をしております。

急な出張や遅くまで仕事をしなければいけない場面も少なくありません。

保育園の迎えに間に合わない、ご飯の用意ができない、習い事の送迎が行けない、家事の分担がうまく連携できないなどなど、子どもとたくさん触れ合いたいけど、夫婦ふたりが仕事をしているとどうしても子どもとの時間が後回しになってしまったりすることが多いです。

私の家だけでなく、周りの方たちからもそんなお話はよく伺います。

じゃあお母さんは専業主婦がいいのか?現代社会において、選択の自由を狭める必要はないと思います。

働きたいお母さん、働かなければならないお母さんもいますし、もちろん選択的に専業主婦になる方もいらっしゃいます。

働くことも専業主婦であることも大変であることは事実です。でもどちらを選ぶのはそのご家庭の選択の自由であり、どちらがいい悪いということではないと思います。

私の妻は働くことを選びました。夫婦ではありますが、彼女は彼女の人生があります。母であり、ひとりの女性でもあるので、人生を豊かにしてもらいたいと私は彼女を応援しています。

女性が社会に積極的に進出して、働くことの素晴らしさを子どもたちにも見てもらいたいと考えてます。(もちろんお父さんたちも働く父ちゃんかっこいいを見せてあげてくださいね)

お互いすべてが完璧なわけではありませんので、夫婦でフォローしながら二人の子どもたちを立派に育てることが私たち夫婦の使命と思い日々奮闘しているのですが、やはり共働きである以上、いろいろと問題はあります。

私は以前は会社勤めでしたが、現在は自営業ですので、多少は時間を自由に使えることができます。その逆で就業時間があるわけではないので、繁忙期は帰れないこともしばしば。会社員のご家庭ですと自由に会社を抜けることが難しかったりしますよね。夫婦ふたりが働くとこの時間を作ることが大変です。

保育園、幼稚園、学校の行事、PTA、送迎などは特に就業時間中だったりします。

夫婦どちらかがフォローしつつもなんとかならないかなぁとも思うわけです。

妻の周りにもワーキングママが多数いらっしゃいます。多くの悩みを聞くことがあるそうです。

そういう悩みなどを共有しあうだけでもなにか解決の糸口にならないかなと思います。

そんなお父さんお母さんが集まれるイベントやワークショップなども開催できたらいいなと今色々と企画中です。

またその時は告知させていただいております。

折笠まさはるへのお問い合わせ
市政へのご意見は
下記お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせはこちら

折笠まさはる後援会事務所