自由民主党相模原市議団 南区選出

折笠まさはる公式サイト

折笠まさはる(相模原市南区)公式サイト > 活動ブログ > 日々のこと > 9月活動報告

活動ブログ

9月活動報告

8月24日に開会した令和3年度9月定例会議も9月30日をもって閉会を致しました。また、9月議会は決算審議も兼ねております。
令和2年度の事業に対して各所管委員会において、決算特別委員会を開催し各事項を審議致します。

私は民生委員として、保健衛生・地域包括ケア・社会福祉・子ども若者・未来

以下の3部門について質疑を行わせて頂きました。

保険衛生においては、大きくは下記の通りです。

1.看護職員確保策について

2.動物愛護事業について

3.ワクチン接種に対する課題等について

次に、地域包括ケア等については下記の通りです。

1.老人福祉費

2.生活困窮者自立支援事業

3.民生委員活動費

次に、子ども施策についてです。

1.ファミリーサポートセンター事業

2.ひとり親家庭等生活向上事業

3.子ども若者育成支援推進事業

全てご紹介したいところですが、長文となってしまうので一部ご紹介を致します。

本市では、安心してゆとりを持って子育てが出来るように「子育ての手助けを受けたい人」と「子育ての手助けを行いたい人」を結び付けて子育ての相互援助活動を応援する制度を設けております。(ファミリーサポートセンター事業)

そのうえで、援助会員として制度に登録を行って頂いている方は約600人おりますが、利用者との都合が合わず活動が成立しない場合が多くあると指摘をしました。また、子ども一人に対して援助者一人が原則とあり利用しづらい制度でもある。また、利用時間においても利用者と援助者とが合致しなければ利用が出来ず、事業が成立しない場合が散見されている。

地域で育てるとの概念から、もっと柔軟に対応出来るよう援助者の活動の幅を持たせることが必要だと考えます。(現在は、複数の援助者が関わる事が出来ないため)折角、援助者として登録したが1度も活動に至っていない方もいる現状を踏まえ、「地域で支え合う事業」の目的を今一度、検討するよう要望致しました。

その他、ワクチン接種体制の強化等における補正予算の計上など、全会一致で可決し9月30日に閉会を致しました。

ワクチン接種に関しては、大規模接種会場や夜間接種会場の設置、受験を控える中高生への優先接種の体制、また、第6波を見込んだ体制の強化などを盛り込んでおります。また、本市の接種率も約72%(9/27 1回目)となりました。皆様のご協力なくして接種率の向上はなく大変感謝するところです。今後は、若年層への更なる接種を行政としても進めていくことが重要であり、予約システムの見直しなどを行うよう要望をしたところです。

9月は議会に追われた日々でしたが、少し自らの時間も作りたいと思っております。

全国的に感染者は減少傾向にありますが、日々の感染対策は継続して頂きます様お願いを致します

 

余談となりますが、緊急事態宣言も9月30日で解除され、少しづつですが日常に戻りつつあります。
先日は息抜きも兼ねて、東林間にありますコーヒー新鮮館に行き、スイーツを頂きました。
滅多に甘いものをオーダーしたりはしないのですが、美味しそうだったのでつい・・

スポーツの秋と言いますが、中学2年になる長男が先日の新人戦にて第2号ホームランにて逆転勝ちをしました!!(小学校低学年より野球をしています)
親馬鹿ですが、正直嬉しかったです。
コロナ禍で、学校の行事等が中止や延期がされるなか、大会を行えることは感謝に堪えません。そこには、大会運営者や各チームのスタッフや関係者の想いがあります。

日常を取り戻しつつありますが、日々の感染対策を怠らずに皆様もお過ごしくださいね。

折笠まさはるへのお問い合わせ
市政へのご意見は
下記お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせはこちら

折笠まさはる後援会事務所